ひきだされたなげだし Hikidasareta-Nagedashi

 

ひきだされたなげだし Hikidasareta-Nagedashi (2013)

Video

 

Construction: Richi Owaki

Performance: Richi Owaki, Kyoko Ifuku

Music: Akihiro Miwa

Cooperation: Ryuichi Tani, Yosuke Nakamura 

 

Year of production: 2013

 

5min | 1080 30p

 

 

Our actions are bound in a context of common sense, but we face instinctive decision-making scenes in unusual situations. How do you decide the next action in that unusual scene? I expressed this question in images.

On a sunny day in an empty field, men and women throw each other images as if it is a word chain game. Next the field is dark; a woman throws the darts and hits an image.

I had hunches of the image changing by throwing; therefore I made them into movie images. I visualized these instinctive images into this work.

 

普段私たちは日常というコンテクストに縛られて行動しているが、とっさの判断が必要な事態などでは、直感にたよらざる得ない場合に直面する。その時の行動の選択はどの様になされているだろうか?その様な疑問をイメージで表現した。

この作品ははじめ男女が晴れた空き地で尻取りゲームのようにイメージを投げ合う、次に空き地は夜になり女が闇にダーツを投げると何やらイメージに突き刺さる。

イメージを投げ合うことによる交換、何かのイメージに意識という針が突き刺さるといった感覚が私の中には以前からあった。この作品はこれら直感のイメージを映像化した。

Powered by: Wordpress