未分類

トッド”思考する身体”1937 DeepL全文翻訳

メイベル・エルズワース・トッド(1880 – 1956) は、ダンサー、医療専門家で、トッドの作品は著書『The Thinking Body』(1937 年)は、現在、欧米ではダンススクールで生理学と運動心理学の古典的な教科書として読まれているようでです。日本では邦訳がないようなのでDeepLで全文翻訳しました。英語が欲しい方はアマゾンで購入ください。改行などの都合で読みづらい箇所もあると思いますが、閲覧程度に利用ください。

続きを読む

台湾での琵琶演奏:台湾鳳甲美術館での音楽体験

先週末、2024年5月4-5日、台湾の鳳甲美術館で、台湾アーティストの許家維、張碩尹、鄭先喻「浪のしたにも都のさぶらふぞ」のオープニングイベントに出演しました。この作品は昨年山口情報芸術センター[YCAM]で製作された作品の彼らホームの台湾での展示です。日本からは、本作品の演奏作曲を手がけた浄瑠璃三味線の田中悠美子さんと私、香港からは作曲家Tak-Cheung Hui、台湾からはパーカッショニストのRho-Mei Yuが参加しました。

20240504img 63
Courtesy of Hong-Gah Museum. Photo credit: Lin Wen-Ling
続きを読む

[Graphic design] 1995-1996 Poster design

浅田彰講演会
January 27, 1996 自由の森学園自主講座ポスター A4モノクロコピー

jiyunomori akiraasada

柄谷行人講演会
October 28, 1995 自由の森学園自主講座ポスター A4モノクロコピー

jiyunomori koujinkaratani

骨法、象形、形似

「昔、謝赫が伝ふ、画に六法あり、
一に気韻生動と日ひ、
二に骨法用筆と日ひ、
三に応物象形と日ひ、
四に隨類賦彩と日ひ、
五に経裳位置と日ひ、
六に伝模移写と日ふ、古より画人の能くこれ兼ねるはマルなり。」
「それ物を象るには必ず形似にあり、形似にありては須く其の骨気を全うすべし。
骨気と形似とは皆立意に本づき、而して用筆に帰す。
放に画を工にする者は、多くは書を善くす。」
「歴代名画記」張彦遠一画
骨法、象形、形似とはものの骨格を見抜くことをいい
隨類賦彩とは説明を加えて具体性に近づけること。

これらをダンスに生かすべき
というのも日本の古典は抽象的な記号のく見合わせから始まり
そこから写実的表現に向かう点でダンスの成り立ちに似ている